「100人の旅人」からのお知らせです。


金色夜叉の舞台となった「熱海市」!

公園からサンビーチを眺める。

熱海市は、温暖な気候がかつて新婚旅行の「メッカ」として多くの観光客であふれかえっていたと言う。最近では道路整備も首都圏から近くなった事で「熱海の温泉」がゆっくりと浸かれる様になってきた。 山のほうへ泊まると夜空いっぱいの満天の星が出迎えてくれる。海のほうはと言えば夜のビーチもライトアップされ、さながら「おとぎ話」の世界に思いをはせるようかもしれない。 熱海駅前の足湯「家康の湯」にて、市内のお医者さんなどが集まり運営している NPO法人AMIC(エイミック)が、独自に考案した健康プログラム「熱海養生法」の “足湯バージョン”を実施しています。



東京から3時間ほどで行ける自然たっぷり小菅村

小菅温泉は、大地からのすばらしい贈り物

小菅村は、多摩川源流の静かな山村です。
温泉、渓流釣り場のほか、様々なスポーツ施設、体験・学習施設があります。
旅の時間の思い出づくりに、ご自分に合ったメニューを考えてみてください。

「KOSUGE-自然と遊ぶ」で紹介したアイテムと組み合わせると、旅の醍醐味が倍増するかもしれません。



簡単には行けないけど「夕張市」というブランド!

丁未の丘の上に建つ白亜の城「めろん城」

夕張市は北海道のほぼ中央、空知地方の南部に位置し、東西24.9キロメートル、南北34.7キロメートル、面積763.20平方キロメートルの街です。  夕張市一帯は夕張山地の豊かな森林や清流に育まれた丘陵で、夕張岳(1,668m)から流れる夕張川とその支流が市内のほぼ中央を貫き、流域に沿って帯状に街が形成されています。  山や丘陵に囲まれた地形的特徴から、四季の変化や昼夜の気温の変化が大きく、また、風はまわりの山々にさえぎられて弱められています。降水量は本道の平均的な量で積雪は近年少なめです。
北海道の真ん中で「夕張メロン」の産地です。




独断と偏見の情報を提供します。